2012年05月28日

胚盤胞の凍結

 こんばんわ。また、不安定な天気です、カエルの大合唱が聞こえます。
 最近、和牛の胚盤胞と拡張胚盤胞の凍結卵を自分の農場の和牛で移植試験をしています。7月上旬には結果が出ると思うのですが期待しています。凍結については、和牛卵とホルス卵でもなんとなく違うし、発育によっても違うので、まだまだ改良の余地があると思っているのですが、あまりそのあたりの研究がされていないような気がします。でも、これがうまくいけば和牛卵についてはどのステージの胚も、自信を持って凍結できるようになるので何とかやり遂げたいと思っています。結果が出たらまたここで書きます、楽しみにしていてください。
posted by tsunodamilk at 21:02| Comment(0) | 受精卵

2012年05月26日

なんとなく複雑な気分です

 こんばんわ。すごくご無沙汰してしまいました。色々あってモチベーション下がりっぱなしです。
 石巻のがれきを北九州に持っていたニュースを見て、自分たちが受けた被害の大きさを再確認させられました。あれだけの人々が、あんなにトラックの侵入を阻止しょうとあれだけ抵抗するのですから・・・・。
 色んな人達が、いろんな意見を自由に言える社会なのは大事だと思うのですが、被害を受けた当事者としては複雑な思いであの映像を見ました。
 東電や国は、どこまで自分たちがやってきた事、やってしまった事について反省しているのでしょうか?
戦後教育のことなどを考えると、ドイツなどは自分たちがしたことについてきっちり反省し、そこから未来のことを考えたような気がするのですが、日本では戦争犯罪者の方は処罰されましたが、国としての反省がどこにあったのか良く分からないまま来てしまったような気がします。
 このまま時が過ぎてしまうと、この原発災害も未来にしっかり繋がる様な反省はされないまま終わってしまいそうな気がしてなりません。自分に直接的に降りかからない事について、日本人は無関心すぎるような気がします。私もその日本人ですから、少しずつ変わっていかなければと思っています。いや、変わらなければならないのです、未来のためにも。そう思います。
posted by tsunodamilk at 21:41| Comment(0) | 放射性物質

2012年05月17日

嵐みたいです

 こんばんわ。雷が鳴って、嵐みたいな天気です。今年はどんな夏になるのでしょうか?農家にとっては夏の天気がその年の作柄に直接影響するので、どうしても気になります。異常気象が続いている最近ですが、温暖化が原因なのでしょうが、その温暖化よりも経済が優先しているのが世界的な流れです。ヨーロッパの金融不安も治まりどころがないようで、次から次に問題が噴き出てきます。
 考えてみると、人間が人より優位にと思えば思うほど、経済優先にならざる負えないような気がします。資本主義経済の基本は、拡大なのでしょうが、その拡大が行き詰ってきているから、これまでの膿が噴出しているようにも思えます。
 社会主義的な考え方がいいとは思いませんが、資本主義でも中途半端な形でちょうどいいような気がします。ことわざに「過ぎたるは、及ばざるがごとし」というように、行き過ぎると必ずどこかに無理が来る、バランスが一番大事だと思うのですが・・・・。
 なんか昨日から、今日の天気のようにこんな重〜いことを考えています。

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ
にほんブログ村
posted by tsunodamilk at 21:33| Comment(0) | 日記