2012年06月17日

除染手続き大変です

 こんばんわ。梅雨の夜はなんとなく肌寒いです。乾草の調整も、やっとラップまで終わりひと段落しました、やれやれです。
 ところで、先週以来夜になると、除染作業をしてもらうために(除染作業の費用を請求するための)必要な書類のもとになるものを作っていますが、かなりめんどくさいです。牧草地の地番を書きだしたり、現状の農地と公図を照らし合わせたり、牧草地に番号を付けたり、普段の仕事以外にしなければならないのですからモ〜腹が立ちます。放射能災害は、天災じゃあないんだから加害者があるはずで、全て加害者の責任で除染作業などはしてくれて当然だと思うのは、単なる被害者意識なのでしょうか。でも、実際問題役場から農地基本台帳というものをもらってきて作業していますが、これも現況と合っていなかったりして、大変です。
 福島県でも、自治体として除染をしないところがかなりありますが、実際、国に出す書類を作ることのできない自治体がかなりあるような気がします。ちなみに、今家でやっているのは酪農組合が窓口になって取りまとめて、除染費用の請求をしようとしているのですが、私がこれだけ苦労していることを考えると、一般の酪農家さんはもっと大変だと思います。取りまとめをしている、酪農組合の担当者の電話での声が日に日にか細くなってるような気がします。
 賠償問題については、まだまだ書きたいことがたくさんありますのでまた書きます。
posted by tsunodamilk at 20:28| Comment(0) | 放射性物質

2012年06月10日

これでいいの?原発問題

 こんばんわ。牧草を刈り終えたら、梅雨に入ってしまいました。まいりました・・・。
 総理大臣が国民に向かって原発再稼働についての説明をしましたが、本当にこれでいいのでしょうか?何事か起きた時に、その反省をきちんとできない日本人。そんな気がして仕方ありません。目先のことだけを考えすぎて、何も見えなくなっているのではないでしょうか?もし福島のようなことがもう一度起きたら、どうするのでしょうか?福島の事故で、誰かが何らかの形で責任を取ったのでしょうか?賠償問題でさえまだまだなのに、今再稼働させていいのでしょうか?
 どうにも納得がいきません。何かがくるってます。もっと現実を見て、知って、議論して決めてほしいと思います。人間が生きるという事は、物質的に豊かであるとか経済的な豊かさよりもっと根源的なことがあると思います。その大切なものを、根こそぎ奪う可能性のあることをあまり簡単に決めすぎているような気がします。総理大臣が決めて再稼働したからと言って、総理大臣も責任を取らないでしょうし、国だって責任を取りきれない事なのに、…そんな思いでいっぱいです。
posted by tsunodamilk at 20:03| Comment(0) | 放射性物質

2012年06月04日

いよいよ、一番草の刈取り開始です

 こんばんわ。熱いぐらいの夜です、カエル達も大合唱です。
 放射性物質の問題はありますが、とにかく一番草の刈取りを今日から始めました。実はこの仕事が一番楽しいです。草を刈っている時の何とも言えない草の匂いが、癒されるんですよね〜。これから天気が良ければ、干し草になるんですけど、その匂いもまた癒されます。いやなことがありすぎるこの頃ですが、この仕事の時だけは、なんだか自然の中で生かされていることが実感できて、心が落ち着きます。天気が味方してくれるといいのですが、どうなるか?
posted by tsunodamilk at 22:03| Comment(0) | 日記