2012年10月31日

牛に生薬?

 こんばんわ。とても寒いです。秋からすぐ冬になってしまいそうです。
 今日、田村薬草という会社の方が来られ、牛に甘草を食べさせた時の効果についていろいろ伺いました。これまで、牛に鍼灸を施すことは知っていましたが、牛に漢方薬を与えた時の効果については聞いたことがありませんでした。繁殖障害や発育促進、抗ストレス作用と免疫機能の正常活性化等々、様々な症例において良好な結果を得ているようで、大変興味深かったです。
 家では採卵する前に使用してみようと思います。正常卵率や回収卵数に差が出てくるのか楽しみです。12月末日までにはある程度の傾向が分かると思いますので、また書きます。
 でも、新しいことを試してみるときって、なんかわくわくします。ただの、新し物好きでしょうか?
posted by tsunodamilk at 19:40| Comment(0) | 牛のこと

2012年10月23日

肩書き

 こんばんわ。天気予報どうり、寒い雨です。
 書こう書こうと思っていて書き忘れていることがありました。実は、6月から専務ではなく、肩書上社長になっています。実質は今までと全く変わらないのですが、肩書上は社長です。重たいです。そんな事を言ってもまだ名刺は専務のままだし、やる気のない社長に思われるかもしれませんが、重圧は十分に感じています。
 もともと、肩書とか身なりとかは無頓着な方ですが、これからは着るものも少しは気を付けようかなとは思っています。大学の時の恩師に「車を運転する時には、ネクタイしていた方が事故を起こした時に有利だから…」と言われて、「人は身なりじゃない」となんとなく反感を持った覚えがありますが、社会人としては、それなりでないと何かと問題もありそうなので、気を付けたいと思います。
 でも、自分が社長だと考えると、自分も自分の親もいつの間にか年を取ったな〜と実感します。いつも一緒に居るので親の年なんかあまり考えもしませんが、冷静に親を見れば立派な老人です。そしてあまり言ってはいけないのでしょうが、もう少しだけ自分たちが立派な老人であることを実感してくれると、息子としては安心できるのですが…。ものは考えようで、それだけ健康だから、老人であることを実感しないのかもしれないですね…。
 全く話は変わりますが、12月ぐらいからまた牛のことについて書き始めたいと思っていますので皆さん読んで下さい。ちょっとそれまでは時間的にも体力的にも余裕がなさそうです。


にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ
にほんブログ村
posted by tsunodamilk at 20:34| Comment(0) | 日記

2012年10月17日

風味検査は難しい!

 こんばんわ。寒い雨です。なんか寂しくなってきます。
 今日、牛乳連合の講師の先生に来ていただいて、工場の従業員の人たちと風味検査(感応検査)をしました。これは、いつも製造している牛乳が何らかの原因で風味異常になった時に、その原因を知るために大切なのと、何より消費者の方々にいつも同じ味の牛乳を飲んでいただくために大切な検査です。牛乳の味は、厳密には牛の体調や、季節、そして牛達が食べている餌によっても多少変わってきます。それと、殺菌工程の熱の加え方でも違ってきます。でも、同じ製造工場で同じ酪農家の原乳を製品にしていれば、常に同じ味になるはずです。検査をやってみて思ったのですが、何かおかしいという事は分かるのですが、おかしい味が苦いのか、酸味があるのか、塩気なのか、と問われるとなかなか難しいです。考え出してしまうと、もうどツボにはまり、飲んでも飲んでも訳が分からなくなります。自分は味の分かる人だと思っていたのですが、そうでもなかったようです。講師の先生は、訓練してくださいそうすれば差が分かるようになりますからと言っておられましたがなかなか大変そうです。日ごろから美味しいまずいだけではなく、味について考えながらものを食べなければと思いました。そんなことをしていると、美味しい物も美味しくなくなったりして?


にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ
にほんブログ村
posted by tsunodamilk at 21:13| Comment(0) | 日記