2012年11月25日

政治と経済

 こんばんは。いつもまようのですが、こんばんはの「わ」は、はなのでしょうか、それともわでいいのでしょうか?そんなことも分らない人がちょっとだけ政治の話です。
 地方政治と中央政治、そもそも違うと思っているのは私だけでしょうか?地方政治も中央政治も目的は生活する住民なり国民がいかに生活しやすい環境を整えるかということで同じだと思うのですが、手段が違うような気がします。
 なんでこんな難しい話を書いているかというと、今日トラックのタイヤ交換しに行ってきたのですがそこで、町の行政批判の話や、街の政治が悪いと言う話が盛り上がっていたのでこんなことを急に書いています。そもそも、民間と官(行政、お役所)特別しますが、規則に縛られる側と規則を守らせる側ですよね。でも、地方に生活していていつも思うのですが、末端の地方で官と民間が対立的な立場にいたら、その地域はいつまでたっても発展しないと思います。地方であれば地方であるほど両者が協力しなければならないと思うのですが、皆さんはどう思われますか?
posted by tsunodamilk at 20:03| Comment(0) | 日記

2012年11月22日

会津牛生産者大会

 こんばんわ。今日も寒いです。
 農協の担当者から、電話で和牛の種の販売のことで相談されたのですが、「優良な種を安く販売することで、農家の生産意欲が少しでもでないか?」と言う趣旨のことでした。今年の会津牛生産者大会には行けなかったのですが、ものすごく農家さんの集まりが悪かったみたいです。震災、原発災害からどんどん農家さんのモチベーションが下がってきているのでしょう。農協の担当者もそれに相当危機感を覚えているのでしょうが、打開策が分からないから悩んでいるのでしょう。
 自分なりに色々考えているのですが、やはり政治と一緒で未来のビジョンが見えないとモチベーションは上がらないと思います。農家にも、本当の意味で将来のことを見据えてくれるアドバイザー的な人が必要だと思うのですが、いないのが実情です。やはり農家も色々な情報を自分なりに処理し、将来のことを考える力を持たないといけない時代になったと思います。
posted by tsunodamilk at 21:03| Comment(0) | 日記

2012年11月21日

牧草地の除染作業、やっと完了しました。

 こんばんわ。冷え込んでいます、鉄骨の階段が凍っています。また、帰り道でスリップして車が事故っているような気がします。
 雪が降る前に、ようやく牧草地の除染作業が終了しました。去年も今年も家の牧草から放射性物質は検出されなかったのですが、より安全をもとめて除染することにしたのですが、思った以上に時間を取られ、その他の仕事ができなくて大変でした。忙しくて種付けやその他の仕事ができなくても、その分は補償の対象にはならないので本当に大変です。補償に頼る気はないのですが、なんかいやになってしまいます。
 南会津は汚染の程度が低かったので、農林事務所では来年から全ての農産物のモニタリングを中止する方向で動いているみたいですが、賛否両論だと思います。個人的な思いですが、消費者としてはなんとなく検査は続けてもらった方が安心できるような気がします。
 ともかく、食料品を作る立場としては、できるだけ安心なものを提供できるよう頑張りたいと思います。
posted by tsunodamilk at 21:08| Comment(0) | 放射性物質