2020年06月12日

牧場へ行こう!

どうも皆さんこんにちは!
お久しぶりの主任です!

牧草の刈取りがひと段落つき、牛たちの暑熱対策などでバタバタしておりました。
もっと!ゆっくり暑くなってくれないかな!?
体調管理、特にマスクをしている方は熱中症に気をつけましょう!

さてはて、毎年この時期に小学生や幼稚園の子供達が牧場へ見学にきます。
今年は新型コロナもあり諦めていましたが…

地元の南郷小学校の皆さんが来てくれました!
KIMG0246.JPG
始めは牛の大きさに圧倒されつつも興味津々な様子で、慣れてくると質問がいっぱい!

今回は期待の新星!従業員K君が子供たちに説明(私はカメラマン兼助手)
彼も働き始めて1年が経ち今年で二年目!
自分の経験と主任にみっちり叩き込まれた知識をフル動員し、子供達にわかりやすく説明をしていました

(あぁ…成長速度が速い…若いって素晴らしい)
おっと!主任の心の声が←

最後にみんなで集合写真!
KIMG0247.JPG
南郷小学校2年生の皆さんありがとうございました!

子供たちに笑顔と元気を分けてもらい、お仕事がんばるぞぉぉ!

KIMG0178.JPG

またきてね!
posted by tsunodamilk at 16:12| Comment(0) | その他

2020年03月14日

牛のセリ

どうも皆さん!
おはこんばんにちわ!


2月はドタバタと忙しく、なかなか更新ができず申し訳ありませんでした。

さて、世界は新型コロナが騒ぎとなっています。
我が社も他人事ではなく、小中学校への牛乳の配送が中止になり、痛手を受けています(行政がなんとかしてくれる…はず←)

そんな中、SNSでは学校給食が中止となり牛乳が余っていることを受け、牛乳を買って酪農家を助けよう!という情報が拡散され、「蘇(そ)」と呼ばれる和製チーズ?を作ってみようなど、多くの方々が酪農家を支援する動きが見られます。
ありがとうございます!!

さて本題!
先日、社長と共に子牛のセリへと行ってきました。

セリは本宮にある家畜市場で行うため、朝早く出勤し、子牛をトラックへ積み込み、いざ出発!
今回は新型コロナの影響が心配されましたが、無事に開催となりました
KIMG0232.JPG
↑ニュースなどで初セリが報じられたりするセリ会場

今回は全部で子牛235頭、初妊牛18頭、搾乳用子牛16頭の出場でした
我が社は子牛部門で和牛メス1頭と交雑種メス1頭、ホルスタインオス2頭の4頭
KIMG0234.JPG
順番待ちの我が子たちに高く売れるように念を込めつつ見守ります。

結果は…

うーん…
和牛と交雑種の伸びがいまいち…ホル雄が思ってたより高めに売れたり…

勝負は時の運!
とはよく言います、セリ全体を見ても抑え目な感じがしました。

結果を踏まえて改善点や反省点を今後の子牛育成に役立てていきたいと思います。

めげない!諦めない!それが畜産魂!

ではでは、今日はこの辺で!
新型コロナなんぞに負けるかーーーー!
\(゜ロ\)(/ロ゜)/
posted by tsunodamilk at 08:35| Comment(0) | 牛のこと

2020年01月11日

明けましておめでとうございます!

明けまして!
おめでとうございます!

しばらく更新できておりませんでした…

無事に

病院の先生からお仕事していいと許可が出ましたのでバリバリ働きます!
(ん?その前から動いてただろって?さぁ…ナンノコトデショウ)

そんな話は置いといて、年末年始は皆さんゆっくりできましたか?
畜産業も含め、生き物相手の仕事は年末年始などないもので…

12月下旬から導入初産牛や自家産初産牛の分娩祭りとなっていました

こんな感じで↓
12/26  導入牛初産 ホルスタイン♀
12/31  自家産初産牛 受精卵和牛♀
1/6   導入初産牛 ホルスタイン♀
1/11  導入初産牛 ホルスタイン♀

全頭とも母子共に元気です!

そして、生まれたホルの中に
体毛の白毛率が多い子が!
KIMG0215[1].JPG
こういう種類のホルスタインなんですが、交雑種や和牛といると白さが際立ちます。

さて、初産の分娩と聞いて同業の酪農家はうわぁ…という顔をすると思います(苦笑)
初産…つまり初めてお産をする牛なので、まず自然に分娩することはありません(全くないわけではありません)
初めてのことばかりで牛がパニックになったりもあります。

無事に分娩が終わっても、搾乳が待っています。

この搾乳がとにかく大変!!
蹴る!
蹴る!
ひたすら足上げ、蹴る!!

こちらができることは
ひたすら話しかけ、声をかけ、撫で繰り回して慣れるまで待つしかない…

ここで怒鳴ったり牛の嫌がることを行ってしまうと…

二度と大人しく搾らせてくれることはない!

と言われています。
搾乳がトラウマとなってしまうのです。
考えてみてください、体重が人の10倍もある牛が搾乳を行うために近づいた際に暴れたら…

ゾッとします

畜産は人と牛が信頼し合う仲でなければ儘なりません…
KIMG0209[1].JPG
子牛のこの寝方を見ていると上手く付き合えているのかなと思います。
…てかのびのびし過ぎじゃないかな!?羨ましいな!

そんなこんなのドタバタ年末年始でした。

それではみなさん!
本年も角田ミルクプラントをよろしくお願いいたします!!
posted by tsunodamilk at 16:12| Comment(0) | 牛のこと